展示猫

編み猫のきっかけや名前の由来などを今まで作った猫写真と共に紹介しています
お客さまの注文の参考になればいいなと思って作ったページです
里子に行った先の、幸せな写真も増えていけばいいな♪


そもそものはじまり
シロ ミーちゃんとシロ
シマ 長めの靴下を編もうと糸を3玉買ったら 丸々1玉残ってしまった
サテどうしよう?帯に短し襷に長し 手袋も帽子も作れない
ふとちょうどそのとき読んでいた「ジェニイ」の表紙が目に入り

そうやってできたのがこの左上の「シロ」が二匹
普通編みぐるみと言うと鉤針編みだけど 実は鉤針編みが苦手な私
かわいいとは思うけど 編み地のごろごろした感じもちょっと…
というわけでとりあえず棒針編みでちまちまと編んでみた
顔は減らし目で作れそう 手足は手袋の要領で…

できてみるとなんともかわいくて ブログとmixiにアップしたら
欲しいと言われて里子に出した ら日記に書いていただいた時の写真が右上
飼い猫のミーちゃんと記念撮影 なんか かぶりついてない?
その後飛んでるだけじゃない猫を作りたいと苦心して
まさに編み出したのが左の「シマ」 お尻の丸さに大苦労
その後このシマちゃんを改良しておすわり猫も編み出し…現在にいたる


眉毛のある猫
眉毛ゴマちゃん おひょいさん?
ごま&ごま シロを作った後にすぐ思ったこと 「ごまちゃんを作りたい…」
眉毛のある猫の知り合いがいる 名前はごまちゃん
帯広に住む友達海ちゃん(仮名)の飼っている猫で
根元が白いのかな 黒猫なんだけどごま塩風味の毛色で

左上は遊びに行った時に写した一枚 ね?眉毛あるでしょ?
体は丸猫ポーズにして いざマユゲ!どう表現しようか?
フエルト用の原毛があったので 眉毛の部分に編み込む…
グリーンのシャツボタンを見つけて×に縫い付けたら…
右上が完成写真 なんだかトボけた顔でおひょいさんみたい…

海ちゃん(仮名)は時々ブログを見るので日記にはせず
こそこそと作ってサプラーイズ!で送ってみた
フフフ…なかなかウケたみたいで喜んでもらえて嬉しい
後にごまちゃんと一緒の写真を送ってくれた
…海ちゃん(仮名)ビール一缶だけかい?
(ハテナ?な方へ 私達の旅日記を参照されたい)


ノビルとチビル
ノビチビ ノビチビ
ダリルと猫達 週に1回英会話のレッスンに通っている
年明けのレッスン 「お正月になにしてた?」の質問に
「こんなの作ってた」と見せた…ら大好評→その時の日記

左上は注文の後日送られて来たモデル猫達の写真
ソマリ×アビシニアンの「ノビル」とロシアンブルーの「チビル」
ノビルはいつも伸びて寝ているのでこの名前になったそうで
チビルはほんとはチビなんだけどノビルに合わせてチビルになっちゃった
そんな名前の由来を聞くのも楽し そして二匹の製作に励むことしばし…

右上が完成品 晴れて納品の日の英語の先生 一緒に記念撮影
頑張った甲斐あって「パーフェクト!」の言葉をもらった
その後プレゼントした先のおばさまにも大変喜んでいただけたとのこと
はじめてちま猫でお金をいただいた 記念すべき最初のお客さま
その後もこのちまちま屋オープンに向けて
いろいろアドヴァイスをもらったり 背中をおしてもらって…感謝!


二人のキイチ
キイチ画 完成キイチ君
友達と記念撮影 ブログに合わせてmixiにも日記を載せている
当然↑チビノビの話も載せたら それを見た高校時代からの友達が
「私もキイチ君注文していいかなぁ?」とコメントをくれた
オーダーのお客さま第二号!

キイチ君とは高校時代に彼女が買っていたグレーぶちの白猫さん
家出してしまってからもう何年も経って…もう会えない彼女の愛猫
その後ビーグル犬のキイチちゃんも飼っていたけど数年前に他界
犬の方はぬいぐるみを買って飾ったけど 猫のキイチは売ってない…
ということで 想い出のキイチ君を作ることに

写真がなくて めちゃくちゃ味のある手書きの絵が送られて来た
これとその後テンプレートにも模様を描き込んでもらって
編み編み…完成させたのが右上の二匹
ブチの部分は小さかったので編み込みではなくメリヤス刺繍で
納品の日 カフェで記念撮影


名前をつけるのは
ミー写真 ミー斜め
プラム 商品番号だけでいいんじゃないか…?と思いつつ
各々の商品の名前も載せるのは 最初に名前ありきなことが多いから

こんな猫を編むぞ!と決心して手芸屋に行くのはオーダーの時だけで
手芸屋さんで毛糸を眺めつつブラブラ… フと目が止まる
あ ○○だ…そんな風にして毛糸を買うことの方が多いのだ

左上の写真の猫は私が子供の頃から飼っていたキジトラの猫「ミー」
この上の茶色の段染め糸を見つけた時は嬉しくて涙が出そうだった

左の「プラム」は一時期一緒に住んでいた叔母家の猫がモデル
薄ーいベージュ色のスコティッシュ・ホールドだった
(でも耳は立っていた)
おっとりとしたオス猫で 一緒に居た猫達の中で
一番懐いてくれていたんだけど 不幸な事故で他界した
黒猫のタンゴ♪ボクの恋人は黒い猫♪
なんてかわいらしい唄なんだろう…!
というわけで黒猫の名前はタンゴ

もちろん お客さまの手元に届いたらもうそれはお客さまの猫
このタンゴは今「ジジ」と名前をつけられて
相当にかわいがられているらしい

↓の糸を見た時は「お、きたねー色」と思いつつ 何故か妙に惹かれた
編みながら思い出した 「そうだこれはかま猫だ…」

かま猫とは宮沢賢治の「猫の事務所」という絵本の中に出てくる猫で
夏生まれで寒がりで竃の中に入って寝るからいつも煤だらけ
そんな猫のことをかま猫というんだって
だから名前はスス

絵本の中でうずくまって泣いているシーンがあるので丸猫にした
タンゴ
スス 猫の事務所


里子のその後
桜ゴマ お客さまがその後の猫達を 日記などに載せてくださる
上で紹介したシロやゴマやジジちゃん キイチ君
里子に出したその後のしあわせな様子が垣間見えて
とても嬉しくてほかほかする

お店を作ってからの最初のお客さまも
ご自宅のカメさん猫さんなどと一緒に写真を撮ってくださったので
一枚いただいてきたのがこれ

桜の枝にゴマ
未だ雪が残るほけいどう民としては春のおすそわけをもらった気分
キミがしあわせそうで 嬉しいよ ゴマ
こちらはいつもブログにお邪魔させていただいている
ぷるちゃんがお買い上げくださったスナ

ぷるちゃんは ステキに日常に着物を取り入れて生活してる
かわいいヒトなのだけれど二児の母でもあるという
年下ではあれどワタクシ密かに憧れているお方なのですが
猫好きのイトコさん一家へのギフトとしてスナを選んでくれた

無事到着のメールと共に送ってくださったのがこの写真
なに?!あつらえ?みたいなソファ!
実はアクセサリーケースなんだそう

うーんアンタ なんてシヤワセなの

*ぷるちゃんのブログへのリンクは私のブログのブックマークからどうぞ♪
スナ on the sofa
猫達 そして…
都内某所で行われたらしい ちま猫たちのオフ会…
もちろん里親も一緒ですよええ ええでも猫のオフ会…
何を話しているのかこっそり盗み聞きたいと思うのは
アタクシだけでしょうか…?


メニューへもどる


© 2008 Kishimoto Kazuko


Ads by Sitemix




Ads by Sitemix